Pocket

女性ホルモン」は、女性の体にとってなくてはならない大切なもの。

 

女性ホルモンがきちんと分泌されることで

女性らしい美しさが体の内側から生み出されて、

若々しく、健康でいることができるのです。

しかし!

そんな女性ホルモンも加齢によって

ガクンと分泌量が低下することはご存じでしたか?

 

そうすると、女性としての美しさも衰え始め、

顔もたるみ、うるおいのないパッサパサの中年女性に…

でも、そんな女性ホルモンの低下に悩む私たちに

救世主が登場しました!

 

それはズバリ「イソフラボン」

 

みなさんも一度は耳にしたことがありますよね?

そう、主に豆類に含まれている栄養素です。

このイソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをして

私たち女性の体を若々しく保ってくれるのです!

 

そこで今回は、女性ホルモンの救世主である

イソフラボン」について

くわしくご紹介したいと思います!

 

 

女性ホルモンの働きってどんなもの?

まずは、女性ホルモンの働きからはじめましょう。

 

女性ホルモンには2つの成分があります。

①エストロゲン

妊娠に備えて皮下脂肪を蓄えるホルモンで、女性らしい体を作る働きがあります。

肌や髪にツヤを与える効果があります。

 

②プロゲステロン

女性の体内を妊娠しやすい環境に整えるホルモンで、

受精卵が子宮内に着床しやすいようにします。

 

この2つの中でも、女性らしい体つきに主に関係するのは

「エストロゲン」です。

 

エストロゲンが不足すると、女性らしい体つきが失われる他にも

以下のような不定愁訴を感じることも。

①疲れやすい

②肌の血色が悪くなり、ハリ・弾力がなくなる。シワが増える

③髪が細くなる、抜ける。頭皮が乾燥する

④イライラしたり、不安になる。落ち込みやすくなる

 

エストロゲンが減少するって、身体的、精神的にもつらいことばかり…。

本当に女性の体にとって大切なものなんですね!

 

女性ホルモンのピークは?いつから減少し始めるの?

女性ホルモンのピークは20代後半です。

「え?そんなに早いの?!」

って思った人もいるでしょうね。でも安心して下さい!

 

量は少しずつ減少してきますが、

心身にとって安定した状態は30代前半までちゃーんと続きます。

 

しかし!

35歳を境に女性ホルモンの分泌量はガクンと低下しはじめます。

そして閉経前には

女性ホルモンが枯渇することで起きる

更年期症状が起こり始め、

そして閉経に向けて一気に減少します。

35歳が女性ホルモンの「曲がり角」なんですね…(>_<)

つらいなあ…

 

エストロゲンと同じ働き!?女性の救世主食材「イソフラボン」とは?

女性ホルモン、特にエストロゲンが減少すると

更年期症状をはじめ、心や体にとってつらい症状が

女性の体を襲い始めます。

 

減少したエストロゲンを増やすことは難しいですが、

なんと、私たちの身近にエストロゲンと似た働きをする食材があるのです!

それが

「イソフラボン」です!

豆腐や味噌などの大豆食品に含まれる、

栄養がたっぷり詰まったイソフラボン。

 

このイソフラボンは、

体内に入ると女性ホルモンと似た働きをするということで

「ホルモン様物質」とも呼ばれています。

 

しかもイソフラボンが多くに含まれる大豆食品は

「ビタミンB 6」が豊富。

 

この「ビタミンB 6」はエストロゲンの代謝を活性化する働きがあり、

ホルモンのバランスを整えてくれるのです!

毎日イソフラボンを摂取すれば、エストロゲンに似た働きで

肌もつやつやになり、顔のたるみもきっと解消されることでしょう!

 

イソフラボンが多く含まれている食品とは?

イソフラボンは豆腐をはじめ、

納豆、油揚げ、みそ、きな粉などに多く含まれています。

そして

1日の摂取目安量は4050と言われています。

これは

豆腐約1/2(110g)

納豆1パック(40g)

煮豆約80g

ほど。

 

これなら、お味噌汁など、毎日の食事でも簡単に補えますよね!

ただ、生理中や妊娠中の女性は、エストロゲンが分泌されやすい状態です。

食べ過ぎると過剰摂取になる場合がありますので注意して下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性ホルモンとイソフラボンの関係について

ご紹介してきましたが、

お楽しみいただけましたか?

 

女性は35歳を過ぎたあたりから

エストロゲンの分泌が大幅に減少していきます。

 

エストロゲンが減少すると、更年期症状のような

心身共につらい不定愁訴に悩まされることになります。

 

これを解消するには、

大豆製品に豊富に含まれる栄養素である

イソフラボンを摂取することが一番です。

 

イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをする「ホルモン様物質」

摂取することで、心身の辛い症状を抑え、

肌や髪にうるおいを取り戻し、

顔のたるみも解消されやすくなるでしょう!

 

イソフラボンを積極的に摂取して

たるみのない、ハリとツヤのある若々しい肌を取り戻しましょうね!

 

もし、お肌に安心安全なケアをしたいのなら・・・


こちらのサイトでは、お肌にやさしく、安心して効果を実感していただきやすい
しわ・たるみに特化したスキンケアをお勧めしております。

↓ たるみで悩んだ私が選ぶ【オススメ商品】はこちらをクリック ↓