Pocket

あなたは、姿勢はよいですか?

猫背になんてなっていませんか?

 

悪い姿勢は、顔のたるみの原因になるって知ってましたか?

「え!?そうなの?」

ってビックリした人も多いはず。

どうして猫背が、顔のたるみに影響するの?

気になりますよね~!

 

そこで今回は、どうして猫背が顔のたるみに影響するのか、

どうすれば姿勢がよくなるのか

ご紹介したいと思います!

 

どうして猫背になると顔がたるむの?

体には、後頭部から背中にかけて広がっている

「僧帽筋(そうぼうきん)」という筋肉があります。

 

僧帽筋は、肩甲骨を支えて動かす筋肉で

顔の表情筋を支える筋肉でもあります。

 

猫背になると、自然と背中が丸くなり、

この僧帽筋が衰えてしまいます。

 

僧帽筋は表情筋も支えていますから、

その結果、表情筋も衰えてしまうのです。

 

これがたるみの原因になるのです。

さらに猫背になると顔や首が自然と前に出てしまいます。

 

そうなると、顔や首の筋肉が引き伸ばされて、

シワの原因にもなってしまいます。

さらに猫背になることで血行が悪くなり、

顔のむくみの原因にもなってしまうことも。

 

このように猫背は、顔のたるみだけでなく

肌のさまざまなトラブルを引き起こす原因にもなるのです。

 

猫背になる原因って何?

では、どうして猫背になっちゃうんでしょうか?

原因は主に2つ。

『運動不足による筋肉の衰え』と『生活習慣』です。

くわしく見てみましょう!

 

【運動不足による筋肉の衰え】

筋肉には、アウターマッスルとインナーマッスルがあります。

 

アウターマッスルは体の表面にある筋肉で、体の大きく動かす役割があります。

インナーマッスルは体の内部にある筋肉で、姿勢や関節を保つ役割をします。

 

猫背はこのインナーマッスルの低下が原因と言われています。

とくに、骨盤まわりのインナーマッスルの衰えによって、

骨盤を正しい位置に保てなくなることが主な原因と言われています。

 

【生活習慣】

現代人はパソコンやスマホなど

背中を丸めてモニターをのぞき込み、長時間過ごしている場合が多いですよね。

 

体に負担がかかるような姿勢で長時間過ごすといった生活習慣は

インナーマッスルを衰えさせ、猫背の大きな原因に。

 

どうしても、パソコンやスマホをやってると

ダラ~ンとした姿勢になっちゃいますよね。

でもこれが猫背の大きな原因になるのなら、

今すぐやめないと!

 

パソコンなどをしている自分の姿勢を、

一度カメラで撮ってもらうといいかもしれませんね!

 

僧帽筋を鍛えてスッキリフェイスに!おすすめ猫背解消法!

顔のたるみを取るには、

まずは、僧帽筋を鍛えて猫背を解消することから。

今日からすぐできる方法をご紹介しますね!

 

【肩甲骨を動かす僧帽筋エクササイズ!】

肩甲骨を動かすことで、僧帽筋を鍛えましょう!

①姿勢を正して、両ひじを背中の真ん中で合わせるようにして肩甲骨を寄せる

②腕を前に伸ばして今度は肩甲骨をゆっくりと開く

③これを繰り返す

 

肩甲骨をゆっくりと動かすことがポイントです。簡単でしょ?

家でソファに座ってやるのもいいし、

オフィスでの休憩時間にデスクでやるのもいいし、

 

とっても簡単にできますので、

今日から始めてみてはいかがですか?

 

まとめ

いかがでしたか?

顔のたるみを引き起こす、猫背の原因と

その解消方法をご紹介しましたが

お楽しみいただけましたか?

 

猫背は後頭部から背中にかけて広がっている

「僧帽筋(そうぼうきん)」という筋肉が衰えることが原因。

 

この僧帽筋が衰えるのは、

『運動不足による筋肉の衰え』と『生活習慣』が関係しています。

 

これを解消するのが、今日からでもできる「僧帽筋エクササイズ」。

肩甲骨をストレッチするだけですから簡単ですし、続けやすいですよね!

 

猫背を治して、顔のたるみのない

スッキリフェイスを目指していきましょうね!

もし、お肌に安心安全なケアをしたいのなら・・・


こちらのサイトでは、お肌にやさしく、安心して効果を実感していただきやすい
しわ・たるみに特化したスキンケアをお勧めしております。

↓ たるみで悩んだ私が選ぶ【オススメ商品】はこちらをクリック ↓